TOP コラム 「まさか」に備えた家づくりを

コラム

COLUMN

「まさか」に備えた家づくりを

9月は、防災月間なのをご存知ですか?

いつ起こるかわからない自然災害。とくに「地震大国」といわれる日本に住んでいる以上、家族の安全を守るためにも、揺れに強い家を建てておきたいです。地震被害を軽減する住まいづくりには、3つの方法があります。

まず、強固なつくりで揺れに対抗する「耐震住宅」。現行の建築基準法にあわせた家は、基本的にすべてがこの「耐震住宅」です。2つめは、耐震性のある壁に制御装置を設置して、揺れを制御する「制震住宅」。そして3つめは、基礎と建物の間に免震装置を設置して、建物の揺れを吸収する「免震住宅」です。

また、近年多発している水害対策も、これからの住まいづくりの大きなポイントに。水害に関する自宅周辺の過去の情報をもとに、基礎部分から考えたり、災害時の脱出用として屋根に出口を設けたり、万が一を想定した住まいづくりが、大きな安心につながります。ご家族全員の将来を「安心」して暮らせるよう西神中央総合住宅公園でご相談下さい。

Category

Archive